Django

【自分でアプリを作成】画面イメージを作成する

記事の内容

・画面イメージを作成

・画面イメージ作成ツールの紹介

・完成形のイメージ

この記事を書いている僕は、情報システム10年以上のベテランです。

Django とvuejsを勉強しているので、世の中のためになるシステムを作成したいと思っています。

画面イメージの大切さ

・開発初心者にとっては、必要な機能がなるべく漏れないようにするための防止になる

・どんな操作されることがあるのかを想像することができる

・これから作るものが見える化されてテンションがあがる

スケジュール管理表のイメージ

いい感じに想像がついてきました。

主な機能

スケジュール閲覧機能

スケジュールを過去から参照することができる。あまり過去のスケジュールを見ることは通常ないのですが、データとしては蓄積し見れるようにしておきます。

管理者がスケジュールを作成中に、パート、アルバイトの人に閲覧ができる状態だと混乱してしまうので、公開未公開をコントロールできるようにします。

シフトチェック

施設によっては、夜間勤務が何名必要、正社員は月間160時間以上の勤務時間が必要というチェックをする機能があるとスケジュール作成者の人的ミスを防ぎやすくなるので、チェック機能ボタンを押すと別タブで結果を一覧表示させようと思う

表示チェックボックス

スケジュールに表示したい施設を選べるようにする。

だけど、自分と関係のない施設まで見えるのは良くない可能性があるので、管理者以外は自分の所属している施設に所属している人たちのみを表示するようにする。

翌月シフト作成

翌月にデータがない場合は、翌月シフト作成ボタンで、従業員の基本シフトから自動でシフトを作成する。

シフトがある場合は、翌月に遷移するボタンを表示する

従業員の日ごとのコメントを確認と、シフトの再作成ボタン

段階的に機能を追加する予定なのですが、従業員が翌月の希望シフトを入力できるようにする予定です。

そこで月を通してのコメントと日ごとのコメントを持つ予定にしているので、こちらでコメントが確認できるようにする予定。

シフトセルを押したら、日ごとのコメントとシフト修正ができる

シフトは、日々変わることが発生します。

また、残業をしたり早上がりをすることもあるでしょう。

なので、修正機能を持たします。有給は、時間ごとに取得できるようにする予定です。

ポイント

  • 画面イメージを作るだけでも自分がこれから作るものをイメージしやすくなる
  • 機能漏れや考慮不足の発見につながる
  • テンションがあがるし難易度がわかってくる
システムを自分で作れるようになるって最高

これからの機能追加

基本を作ったら、今後、有給発生機能、期限管理機能、取得機能を追加も必要です。

少しづつ作成しながら、どういった機能が必要かを考えて実装していきます。

こういったことに気づけるためにも、画面イメージを先に作成するととても先が想像しやすくなるので効果的です。

-Django

© 2021 ごろう@縁紡ぐ