Django

福祉業界のIT化に貢献したい

福祉業界のIT化に貢献したい

友人の会社は、障がい者を支援する会社を経営していて、グループホーム2件と就労支援施設B型をやっている。
そんな友人が、数年前に会社を作った時に、

友人
ホームページがとりあえず必要やねんけどなぁ

と、飲んでるときに言ったのを聞いて、当時はWix.comで作成したところから福祉のIT状況について知ることになります。

福祉業界はIT化がすすまない理由

福祉業界では当たり前なんですが、バンバン稼いで利益がどんどんでる!
みたいな世界ではありません。
ただ、障がい者の支援を行えば、国から点数制できちっと利益がでるようになっている。障がい者の人が来てくれたら、効率化より利益がでるのが今の制度…

そりゃIT化なんてすすまないよね(笑)

ごろう
ITが得意な人がいないから、ITで何をどう改善できるのかも発想がない。
現実さー

とにかく、最低限の支援だけして人数を増やしてっていうよくない施設もあるみたいですが…

グループホームと就労支援施設のホームページを作成

ずっとWix.comで簡易なホームページを作ったまま放置していました…GoogleAnalyticsも知らなかったので、だれか見に来てくれていたかもわからないようなサイトでした(笑)

それが、2020年8月のコロナ真っ只中、就労支援施設でカフェを立ち上げるからカフェようのホームページを作ってって言われて、また簡易なものをWix.comで作成しました。

もう、ホームページが残っていないから画像だけでも見せたかった…

本当にしょぼしょぼのホームページでした(笑)

やっぱりコロナもあって売り上げが…

コロナもあってか、働いてくれる障がい者の方を集める活動に時間が当てられていないうえに、お店の売り上げもしんどい状態でした。
そこで、ホームページってどういう風につくればいいのかを調べて作成したサイトがこれ

食べカフェ Pu-a-pu
合同会社 縁家

ホームページ作成のことについて勉強1か月ちょっと、2サイトを作成するのに約2か月かかりました!
以前のものとレベルが違うと、とても喜んでくれので、がんばった甲斐がありました!

Excelでたくさん業務をしているけど使いこなせていない

これは、福祉業界にかぎったことでないと思いますが、ExcelやWordを理解…さらに、ExcelOnelineやWordOnlineの違いをわかり、表や集計したり文章を作成できている人は、全体の10%いないぐらいだと思う…

修正したのに反映されていない?なんてことは、クライアントとクラウドの世界の役割がわかっていないことや、ファイルの整理ができてないから同じようなファイルがたくさん出来上がってくる…
こんなことでは、なかなか事務作業がはかどらない…
友人は、たいてい福祉会社は同じレベルぐらいやし、IT系以外の中小企業はそんなところ多いよとのこと…

福祉は必要なしごと 少しでも労働環境がよくなることが貢献

障がい者の方や、お年寄りといった福祉支援は、いつ自分が受ける立場になるかわからない。

自分のスキルアップと兼ねてITで支援することで、福祉の労働環境を良くしたい

不動産管理部門の情報システム部門としてシステム導入に長年携わってきた自分としては、自分のスキルアップと兼ねてITで支援することで、福祉の労働環境を良くしたいと思っている。

自分の将来も考えると、いろんな技術が使えて開発もできて、ユーザー側として導入経験豊富って人材、超ぜつレアだからそんな存在になる。

解決策として最新技術のモダンな業務システム開発に挑戦

最近のWebシステムでは多くなっている、SPA(シングルページアプリケーション)で業務システムを開発することにします。

正直、どれだけ苦戦するか想像がつかない

でも、挑戦することで得られるものはたくさんあるはず!

以前、DjangoでWebアプリを作成したのですが、うまく使うことに挑戦すらできずでした。これからのことも考えて、フロントエンド技術も覚えるため、Vuejsでフロントエンドを開発することに決めました。

今後は、開発過程について情報発信をしていこうと思います。
情報システムで働いていてもプログラミングをすることは会社ではない(VBA程度)ですが、これから会社でも活用し、そして福祉業界にも貢献するため挑戦していきます。

-Django

© 2022 ごろう@縁紡ぐ