オススメ

【お得】お掃除ロボットコスパ最強はコイツ

掃除ってあんまり好きじゃないけd、お掃除ロボットって高いしなぁ

そんなあなたの悩みにお答えします。

記事の内容

・お掃除ロボットでのコスパの考え方

・ILIFE V3sProが最高

・1年使っての感想

お掃除ロボットのコスパを考える

何をするにも価値があるかどうか考えてみましょう!

お掃除ロボットに求めることってなんですか?部屋の掃除回数を減らしてもらうこと。です

今のところ、人型ロボットが段差があっても自分で登って、上もすべて掃除をしてくれるものはありません。

床を自走し出来る範囲で掃除してくれるだけです。

プログラミングするための時間をどうやって作っていくかを自分では考えています。

高いお掃除ロボットについている機能とは?

高いお掃除ロボットについている機能について確認してみましょう。

ポイント

  • 部屋の間取りを把握して、最短でお掃除する
  • ごみは、本体でなく充電器の方に吸い上げられることで、ごみ捨て回数が減る
  • Wi-Fiを利用して外からお掃除を実行できる

あとは、吸引力や部屋の端までって書いている商品も多いですが、あまり変わりはありません。

部屋の間取りをは把握して効率的にお掃除を実施

これって、自分が掃除してるからこそ役立つことじゃないですかね?

ロボットが効率的に1日1回の掃除を1時間から30分に短縮できても、あなたの自由な時間は増えないです…

お掃除ロボットって言っても、掃除機なので家にいない時に掃除を実行させることがほとんどだと思いますし。

お掃除ロボットが効率的に動いてもあなたのメリットはない

ゴミが本体でなく、充電器に溜まることでごみを捨てる回数が減る

これは、安いお掃除ロボってでは出せない価値ですね…

1回のごみ捨てに5分かかったとして、本体だけなら1か月2回10分かかり、年間120分かかるところを、半分の1回にすることができます。

今回紹介するお掃除ロボットが17,000円ぐらいで、高給お掃除ロボットは18万ぐらいです。

16万の価値とするには、時給が2万ぐらいの人なら価値ありだと思います。

Wi-Fiを利用してお掃除結果やお掃除の実行ができる

これって意味ありますかね?

安いのでもタイマー機能はついてます。普段家にいない時間に自動で実行するように予約をいれておけば、それで完了です。

掃除の結果って意味あります?

本当に価値ある機能とは思いません。

高給お掃除ロボットが寿命8年としたら

安いお掃除ロボットが壊れやすく、高給お掃除ロボットが壊れにくいとしてみましょう。

安いお掃除ロボットが2年で故障し、高給お掃除ロボットが8年持ったとします(実際は、メンテナス費用がかかります)

そうすると、価格差が4倍なら同等の価値ということが見えてきます。

要するに、安いお掃除ロボットが2万円なら高給お掃除ロボットが8万円なら、8年間で考えると同じ値段ということです。

ILIFE V3s を1年利用しての感想

掃除能力はめっちゃ高いです!室内でペットを飼っている人なら、毛の掃除がとても楽になると思います。

でも、音がかなりうるさいです。

在宅している時に、動き始めたら止めます。

あとは、扇風機の土台の段差でなぜか動けなくなり、死んでしまうことがあります(笑)

感想を簡潔にまとめました。

まとめ

  • うるさい
  • 吸引力最高
  • 変な段差でたまに死ぬ
  • コスパ最強

 

-オススメ

© 2021 ごろう@縁紡ぐ