Djangoプロジェクトをはじめる

目次

素早く作れるDjangoでシステム開発

Djangoは、AIで最近は人気になっている「Python」という言語で作れられているWebアプリケーションフレームワークです。

後輩に教えてもらって、覚え始めたDjango…自分で安全なWebアプリが作れるのかって!感動した記憶がいまだに鮮明に残っています。

Djangoがどんなフレームワークなのか、特徴を確認しましょう。

スピード開発に対応

新聞会社の記事をすぐにリリースしたり、スピードが求められる開発環境のもと作成されているので、管理画面が標準で作られたり、早く開発できる工夫が色んなところでされています。

インスタグラムが、バックエンドを未経験のエンジニア2人で作り上げた話は有名です。専門家がいなくても、十分にDjangoがカバーしてくれる優秀なフレームワークなんです。

そして、しょぼいスペックのパソコンで稼働させた初日に、なんと2万5千人がアクセスしてきたが、問題なく処理ができたのは有名な話です。

2人で開発したなんてすごいですよね!

スピード開発するために様々なことをDjangoがフォローしてくるので実現化できたんです。

セキュリティレベルが高い

Djangoは、新聞会社のために作られたことで、セキュリティ対策がとても充実しています。

クロスサイトスクリプティングや、CSRFなど人間がミスしても、動かないようにや、セキュリティチェックをするためのコマンドがあるぐらいです。

Webで怖いのは、どうしても人のミスによるセキュリティホールです。

それをDjnagoは、フレームワークで防いでくれるので安心感が違います。

安全性の高さから、下記で利用されています。

  • NASA
  • インスタ
  • Youtube
  • Clubhouse
  • openstack
  • National Geographic

まだまだたくさんあります。

そんなDjangoでシステム開発してきます。

Djangoの開発をはじめる

それでは、開発を初めていこうと思います。

pyenv でPythonをインストール

まずは、Pythonのバージョンを指定してインストールしましょう。

Pyenvのインストール方法については、https://github.com/pyenv-win/pyenv-win#get-pyenv-winに記載されています。

インストール後に、Pythonのバージョンを3.10.5を指定していれます。

pyenv install 3.10.5

これでPythonの3.10.5をインストールできています。

それでは、切替を行います。

pyenv global 3.10.5

次に正しくバージョンが変更されたか確認します。

python --version
Python 3.10.5

こんな感じで、python –version とすると現在使用されているPythonのバージョンを確認することができます。

仮想環境を作成

仮想環境は、Pythonで作成していきます。

まずは、プロジェクトようのフォルダを作成して、移動します。

ちなみに、VSCを利用して開発していきます。開発エディタは、好きなものをお使いください。

仮想環境を作ることで、システムごとに異なるDjnagoのバージョンを切り替えられるようになるのです。

python -m venv .venv

これで仮想環境に必要なフォルダが作成されます。

仮想環境を起動させましょう。PowerShellで実行してください。

venv\Scripts\activate

仮想環境が実行されると頭に(.venv)と表示されます。

(.venv) PS C:\work\entsumugu-kioku>

Djangoをインストールする

いよいよDjangoをインストールします。

バージョン指定をする場合は、最後に「==4.1」といったように、バージョンを指定してください。最新のバージョンいい場合は、必要ありません。

公式ページ:https://www.djangoproject.com/download/

pip install django

この時に、よくpipが古いよー!アップデートしてね!って言われると思うので、次のコマンドを実行してください。

python -m pip install --upgrade pip

これで、Djangoが入っている状態です。

Djangoプロジェクトを作成する

Djangoのプロジェクトを作成していきます。

最初のプロジェクト名は、必ず『config』にしています。これは、好みによりますが、設定を管理するためのプロジェクトを最初に作っておく方が、あとあと分かりやすいためです。

django-admin startproject config .

最後の「スペース.」を忘れると、階層が深くつくられてしまうので、最後につけることをオススメします。つけなくて、1階層深くなっても問題はありません。

Djangoが起動できるか確認する

Djangoプロジェクトが作成されたので、ここですでに起動してブラウザで確認することができます。

下記のコマンドを実行します。

python manage.py runserver

これでDjangoが起動しました。下から2行目の「http://127.0.0.1:8000/」をクリックすると下のような画面が表示されます。

これでみごとDjangoが起動しました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「@縁紡ぐ」にご訪問頂きありがとうございます。
業務改善やIT化、システム開発・プロジェクトチーム運用支援を行っています。
お気軽にご相談ください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次