Django

Django Vuejs Modelを考える(Total:6day23h)

グループホーム2件 就労支援施設カフェ1件のシフト管理

テーブル構成を考える

Djangoだけではなく、未知の領域Vuejsを使って実装をしていから、なるべくよく知っているバックエンドで処理を行うようにしよう!
これって、いい考え方なのかどうかは知らんけど(笑)

現状の問題

  • シフト表の作成が面倒
  • シフト表の変更時に印刷してまた張り出したり、写メ撮ってみんなに送ることが面倒
  • OneDriveで共有しているが、アップロードできていなくて混乱する
  • 夜間勤務が必要な人数になっているかチェックがめんどくさい

うーん、シフト管理だけのソフトはあるけどねー
本当はSaaSを使う方がスピード感もあっていいと思うけど、今後、グループホームの運営や管理するための機能を追加していこうと思うと、今は、スクラッチがいいという状況。

施設マスタはいるね

施設が3あるので、これは管理しないといけないね。
名前と、シフトがどんなものがあるのか、夜間勤務必要人数かな。夜間勤務は、利用者さんが帰省していると夜間勤務が不要であったりするけど、今は、単純にチェックして、足りていない日があったら人で問題ないかチェックしてもらおうと思う。

シフトマスタは絶対いる

現在のシフト表は、Aだったら9時~18時勤務って感じで管理している。ひと月を俯瞰してみれるようになっている

グレーは、休みやし急に出勤ってなっても対応できるよ。って意味らしい。
これは、なるべく同じような感じで見れる方がいいのかと思う。

時間数は、管理者だけがみれるでいいらしい。あとは、正社員は160時間以上の勤務時間があるようにしたい。
有給管理もできるようにしたいっていうこと。

有給取得の法律って本当に、ちいさな企業にとっては痛いというか、結構な負担になるなぁって思う。

1か月は、1~月末じゃなくて、21日~翌月20日を考慮

これってどうしても、会社がはじまってから変えることのできにくいのが締め日ですよね💦月末締めって全国一律なら本当にどれだけ、システムもシンプルになって楽になることか…(笑)
まぁ、仕方ない(笑)
年月を管理するテーブルを考慮しよう

入社・退社も考慮が必要だねー

途中で入社してきたとか、退社するよー!しかも、きのういきなりやめますで、来なくなるなんてこともある(笑)
退社扱いになったら、翌月からシフトが作成されないことも考えよう。あとは、入社前のデータも見れる必要がないしなぁ。

あとは、関係のない施設は見れない方がいいかなぁ。なので、施設と社員を結び付ける必要があるなぁ。

スケジュールトランはいるね

人、日、シフト、有給かどうか、残業時間があったかを管理するトランは必要だなぁ。あと、面倒なのは、1日に複数のシフトや施設を勤務する場合が発生することがあるってこと。
これがなかったら本当にシンプルなんだけどなぁ。シフトだけを管理するテーブルと、日ごとの集計をするトランと別に用意する必要があるかもしれない。

ごろう
日ごとの集計トランをするとシフト修正時の影響先が多くて大変そう💦

単純に、8時間のシフトを入れた時に、日のトータルを集計して、日集計トランを更新してからの月間集計トランも更新にいかないといけなくなりそう…
SPAで作ろうとしているのに、全部データを取りなおすと通信量も上がるし、ユーザビリティが下がるからそれを避けようと思うと、フロントエンド側でのデータの更新作業をいろいろ実装しないといけなくなる…

避けた方がいいかも…もう少しテーブル構成を考えよっと

テーブル構成の図を書く

端末上に保存することはなるべく避け居たいので、drawioで作ることにします。

https://app.diagrams.net/

そんなにたくさんの機能が今あるわけではないのですが、問題は、グループホームは近い場所にあるので、2つの施設はスケジュールとして見通せる方がいいこです。
急な休みが発生し、だれかほかの出勤できる人を探すときには、二つの施設が見渡せる方がいいのです…休みっていうシフトに対して、施設を登録が必要かどうか…

  • 担当する施設が変更になるよねー過去分が表示ちゃんとできなぁ(前月以前は、管理者だけが過去がみれたらいいかぁ)
  • 将来的には、みんなに希望登録を行ってもらい調整だけを管理者が行うようにしたいよね
  • 有給管理もしたいね
  • 雇用契約の条件って履歴管理が必要?(まぁ、まだ機能としては先に作るからいいっか)
  • 正直SPA作ったことないから、わらかん(笑)

とりあえず、テーブルは依存関係を最低限にすることを意識しています。

テーブル

ごろう
エンティティ図で書いたがいいよー

って言われると思う…

いや言われて当然かと思う…でも、飽きたんだ…飽きたんだ。Djangoだけで1度作ったことがある(テーブル構成は違うけど)から、なんとも気合が入らないんだ…

友人
それは仕方がないね!次にいっちゃえ

今から作っちゃおう!

作りながら変更していくことは、実際の開発現場でもよくあること。

って、本当かどうかしりませんが(笑)最初からどんなけ緻密に考えても抜けは、誰にでもあるっしょ!

今日は、たくさん考えたから甘いものがほしくなって、きな粉もちを食べた

-Django

© 2022 ごろう@縁紡ぐ