情報システム

【やめといた方がいい】街中のFree-Wi-Fiを使わない方がいい理由

スマホの通信量を節約したいから、フリーWi-Fiをよく使うけど大丈夫なのかな?

そんなあなたの悩みにお答えします。

記事の内容

・フリーWi-Fiは盗聴されやすい

・フリーWi-Fi使うならアカウントとパスワードを入力せずにできることだけに使う

・フリーWi-Fiに接続せずにパケット使いたい放題にした方がいい

この記事を書いている僕は、情報システム10年以上のベテランです。

会社では、チーム、部署、社内全体への業務改善を数多く行ってきた実績があります。

筆者の信頼性

・社内SE

・ネットワークの管理者

街中のフリーWi-Fiに接続しない方がいい理由

会議

街中にはいろいろなフリーWi-Fiが飛んでいます。

最近は、通信量に応じて料金がかわったり、月間で〇G以上使うと速度制限がされるからという理由で、フリーWi-Fiを使う人が増えています。

ただ、フリーWi-Fiのリスクを知ってうえで使うようにしなければ、トラブルに巻き込まれるかもしれません、

フリーWi-Fiは盗聴されやすい

フリーWi-Fiは、盗聴されている可能性が高いです。

例えば、ABCフードという飲食店がありフリーWi-Fiをお客様サービスとして接続可能としています。

電波名(SSID)をお店の名前をからめた、『ABC-FOOD-FREE』という名前で飛ばします。Wi-Fi接続する画面で出てくる名前ですね。

正式なお店のフリーWi-Fiは、『ABC-FOOD-FREE』ですが、盗聴目的の悪い人がお店の近くで『ABC-FOOD-Free』という名前の電波を飛ばすと、間違えて接続してくる人がいます。

電波名であるSSIDとパスワードは、いつでも勘単に変えることができるので、お店と一緒にすることも可能なのです。

これが、盗聴されやすい原因です。

お店の人が盗聴してなにかすると大問題になるので確率は低いと思いますが、悪意のある人が盗聴目的でWi-Fiを飛ばすことがある。ということを理解しておきましょう!

フリーWi-Fi使うなら、アカウントとパスワードは入力しない

自分の通信が盗聴されています。この時に、ヤフーニュースを閲覧しました。

これだけであれば、あなたが「どんなニュースをみたか」しか分かりません。

なので、盗聴されていても何か被害が発生することは、基本的にありません。

でも、自分のネットバンキングにログインするために、アカウント情報とパスワードを入力したとします。

ネットバンキングのURLと一緒にログイン時に必要なアカウント情報とパスワードが送信されてしまうので、もし盗聴されている場合、こういった情報が漏れてしまう可能性が出てきます。

フリーWi-Fi使用時

  • フリーWi-Fi使うなら、ネット検索ぐらいにしておく
  • アカウント情報やパスワードを入力しないこと

フリーWi-Fiで通信量を節約するならパケット放題を考えた方が安全

変にケチるとリスクと見合わない可能性がでてくるよ

フリーWi-Fiを使ったことで、使いまわしてるアカウントとパスワードが漏れてしまったら、Amazonや楽天で不正に買い物されたりネットバンキングで送金されてしまったりというリスクがあります。

数百円の通信量を節約するためのリスクとしては大きすぎると思います。

通信量を節約するより、通信し放題をどうやすく抑えるかを考える方が安全でコスパもいいです。

オススメは、楽天モバイルで固定回線廃止してデザリング一本でやる方法です。

楽天モバイルどうなの?楽天回線どうなの?楽天回線1年使った感想|年間30万円節約術

「格安Simからキャリアにかわった楽天モバイルって実際どうなの?」「安くなって問題がないなら変えてみたいけど」「スマホ代高いから節約したいなぁ」   こんな悩みがある人に解決する記事を書いて ...

続きを見る

 安全な状態で使うことで、変なことを気にせずネットライフ、スマホライフを楽しみましょう!

-情報システム

© 2021 ごろう@縁紡ぐ