情報システム

【お得】部下が簡単に変わっていく方法

喜びを出さなくなるのは老化

タイトルと関係ないように感じますが、男性が年をいくと笑ったり、すごーい!といった表情をあまりしないようになります。

話す側からすると、表情のない人は、能の面をかぶった人に話すようなものです。

結論、無表情で無リアクションの人とは話をしたくない

年が行くと口角がさがり不機嫌そうに見える

年齢がいくとどうしても筋肉が下がって口角が下がってきます。

これは仕方のない老化現象ですが、それによって人に与える印象が変わってきます。

残念ですが、怒ってもないのに怒っている表情に見えます。

怒っている人には、話しかけずらいですし、話をしようと思わない…

ってことは、コミュニケーションロスがたくさん生じて意見が食い違うことが増えていきます。

なぜ部下は聞いているのに行動が変わらないのか

マネジメントするときに、何で自分の想いが伝わらないんだろう?って思うことありませんか?

自分はめっちゃありますね…

なんでかわかりますか?それは、人は、自分の話を聞いていくれる人でなければ、話を聞かないのです。

まぁ、仕事では上司と部下の関係性で聞かざるえないって感じで聞きますが…

けど、行動は変わらないものです。

とにかく、大げさにうなずき身体で聞くこと

これだけすれば変わります。めっちゃ変わります。

でもほとんどの人は意識してもできていません。なんでかわかりますか?

それは、本人はめっちゃ変えて恥ずかしいぐらいって思ってても、人から見たら軽微な変化過ぎて気づかないレベルです(笑)

要するに、人からみたら何も変わっていない。ってことですね。

首が折れるぐらい意識して、頷いてください。

私は、聞き力検定協会の資格を取得しました。これを体感するための口座も受けました。ひとの話をしっかり聞いてあげることは、本当に大切なスキルです。


おすすめの本はこちらです。

すぐに効果は出ない

ちなみに今の環境でこころがけてもすぐには効果がでません。

今までの印象が、みんなにはあるからです。一度ついたイメージは、長い時間をかけて変えていかなければなりません。

笑顔でいることをこころがけて、話をまず聞くことを実践しましょう!

 

-情報システム

© 2021 ごろう@縁紡ぐ