投資

【知ってる?】インフレのこと

インフレって聞いたことあるけどよくわかんないなぁ

そんなあなたの悩みにお答えします。

記事の内容

・インフレとは

・貯金(現金)でもつリスク

・日本もインフレが緩やかに進んでいる

この記事を書いている僕は、経済を学び投資をしています。

筆者の信頼性

・大学で経済学を専攻

・投資

インフレとは

画像

みなさん、インフレって知っていますか?

物の価値があがり、お金の価値がさがることです。

物の価値が上がるってどういうこと?

物の価値があがりお金のが価値が下がるってことだけだと、イメージできない人も多いと思います。

例えば、自分の親が就職した時は、初任給は10万円を切っていました。

当然、ラーメン1杯の値段も300円ぐらいと物価がやすい状態でした。

でも、僕が就職した20年前の初任給は19万円ぐらいです。ようするに40年ぐいらで物価が2倍になったことがわかります。

インフレは政府が進めている

少し前に日本の国債残高がよくニュースで取り上げられていました。

でも、実際は海外や日本人が日本国債を買っています。日本の経済が崩壊して、紙切れになる可能性が高かったら誰も買わないはずですよね?

なんで買うのかわかりますか?

それは、今後緩やかながらインフレが起きて、借金の残高が同じ額でも価値自体は下がるから、100年後の日本では今の金額は、大した金額ではないので返せる見込みがあることを知っているからです。

日本はインフレが思ったように進んでいない

日本は、2000年代に入りマイナス成長に入り、デフレが起きてしまいました。

そこからなかなかインフレが思うように進んでいない状況です。

なので、実質賃金もなかなかあがっていませんし海外のように、ランチで1000円超えるなんて当たり前になっていません。

このままインフレがなかなか進まないと、経済は衰退することになります。

ポイント

〇〇

デフレは一瞬のよろこび、将来を考えたらインフレ

画像

インフレの反対は、デフレです。

物価が安くなるので、今まで100円で買ってたものが90円で買えるようになります。

これは短期的には、うれしいことです。が、当然日本が抱えている借金の重さも増えていることになります。

住宅ローンも同様です。

だから、デフレになって喜んでいるのは、経済をわかっていない人なのです。

株価は物価上昇に応じて上がりやすい

インフレを国が目指すので、確率的にはインフレが緩やかだとしてもおきます。

その時、現金でもっているのとインフレが起きた分だけ現金の価値が減ります。

だけど、株を持っていると、企業の価値も物価上昇とともないあがるので、株かも上がっている可能性高いです。

そうすると、現金で持っている人と株で持っている人とは資産として差が出てくるのです。

-投資

© 2021 ごろう@縁紡ぐ