LINE公式アカウントとエルステップを連携する

目次

LINE公式アカウントとエルステップを連携する

あつし

LステップとLINE公式アカウントを連携させていくよ

Lステップを利用するには、LINE公式アカウントと連携させる必要があります。手順を追ってやっていけば問題なくできますので、一緒にやっていきましょう!

Lステップのアカウントを作成

Lステップの公式サイトから申込することができます。

URLは、https://linestep.jp/lp/01/order.html です。

申込プランを選択

各プランの詳細については、こちらのhttps://linestep.jp/lp/01/plan.htmlページに記載されています。

今回は、スタートプランで初めてみます。

  • 「注意事項と利用規約に同意する」にチェックを入れる
  • プランを決めてボタンをクリック

注文者情報を入力

名前やクレジット情報を入力していきます。こちらを登録すると、最低利用期間が3ヶ月は解約できません。初月無料なので、2ヶ月分の料金はかかるので注意が必要です。

必要事項を入力して、上記内容で申し込むをクリックすると問題がなければ、しばらくすると画面が下のようにかわります。

アカウント発行

注文完了画面にある『アカウント発行へ進む』をクリックします。

利用規約の確認画面が出てきますので、利用規約にある「こちら」をクリックして利用規約を読んでください。

読み終えたら、『上記注意事項と利用規約に同意します』にチェックを入れます。

問題なければ、『はじめてLステップを使用する方』をクリックして進みます。

必要な項目を入力して、『ユーザー登録』ボタンをクリックします。

LINE公式アカウントの設定

LINE公式アカウントにログインして、歯車マークをクリックして、設定画面にいきます。

左にある『設定』メニューにある『Messaging API』をクリックして『Messaging APIを利用する』ボタンをクリックします。

開発者情報を入力して、『同意する』をクリックします。

プロバイダー名は、屋号や会社名を登録するのが一般的です。『LINE公式アカウントAPI利用規約』を読んで、『同意する』ボタンをクリックします。

プライバシーポリシーと利用規約は必須ではないので、今回はOKで次に進みます。

最後に確認画面が表示されますので、OKボタンをクリックします。

Messaging API をLステップへ登録

表示されたChannel IDとChannel secretをLステップの初期設定画面にコピペします。

『チャネル情報を登録する』クリックする。

『確定』すると受信設定画面んみ遷移されます。

LINE公式アカウント応答設定

Lステップの受信設定画面に切り替わったら、LINE公式アカウントの応答設定を設定します。

設定内容は、画像の通りに設定する必要があります。

設定が終わったら、Lステップの画面に戻って『応答設定を行ったので次へ進む』をクリックします。

LINEログインチャネルの解説

次に、『LINEログインチャネルの開設方法はこちら』をクリックします。

『LINE Developersのページはこちら』をクリックします。

アカウントをクリックすると管理画面へ入ることができます。

今回、利用するプロバイダー名を選択します。

紐づけるアカウントが表示されていることを確認して、+ボタンをクリックします。

紐づけるチャネルとして、ログインを選択します。

リージョンと、会社または所有者の地域ともに、日本・Japanを選択してください。

チャネル名とチャネル情報を入力します。

一般的な入力例はつぎです。

  • チャネル名 ➡ アカウント名
  • チャネル情報 ➡ (アカウント名)の公式アカウントです

アプリタイプは、『Web app』を選択する。

利用規約を読んでチェックをONにして、作成をします。

作成されたことが通知されます。

  • ここから、Topページに戻って日本語設定に変更していますので、管理画面の表示が日本語に変更されています

次に、アカウントのとなりに表示されている『開発中』をクリックします。

『公開』をクリックします。

これで設定が完了です。

『管理画面へ進む』をクリックすると管理画面へ入ることができます。

初回のみ、アンケートが表示されます。

LINE公式アカウントとLステップ

これで連携は完了です!

ログインするとLステップの管理画面が表示されます。

お疲れ様でしたー!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「@縁紡ぐ」にご訪問頂きありがとうございます。
業務改善やIT化、システム開発・プロジェクトチーム運用支援を行っています。
お気軽にご相談ください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次