情報システム

実体験 文系出身でも【プログラミングの習得】は可能です

プログラミング覚えたいけど、文系出身だし覚えれるのかのなぁ?これからの時代ITが発展してエンジニアが重宝されそうなんだけどなぁ。なにか情報ないかなぁ

そんな疑問が解消できる記事です。

記事の内容

  • 文系出身でも「プログラミング習得」が可能です【意外と多いしぼくも文系】
  • プログラミングを覚えるだけで非IT企業なら数パーセントの価値ある存在
  • 文系でプログラミングを安く学習する方法

ぼくは、プログラミング歴は8年ほどになります。社内SEとしてExcelやaccessで業務アプリを作成してき、社内でもトップクラスの出世をしています。

よくプログラミング覚えたら?と聞くと、文系だから無理ですよ。って言われます。

ぼくも文系でプログラミング覚えたし、協力会社のSEさんも文系出身の人が多いです。

文系出身でも「プログラミング習得」が可能です【意外と多いしぼくも文系】

文系でもプログラミングが可能な理由は、プログラミングは幅が広いです。ビックデータ解析をするために統計学が必要な場合は理系の出身の方が理解は早まるかもしれませんが、そんな理系要素ばかりでありません。

コミュニケーション能力とユーザビリティを考える力が必要で数学なんて出てこない

例えば、社内SEでテレワークを推進するためにワークフローシステムを導入し承認フローを作る役目になったとします。

ここでは、数学なんて一切でてきません。現場担当者へのヒアリングをして、まとめ、ユーザーが使う時にどんな画面になっていたら使いやすいだろう。

ここが重要であり、数学という要素はあまりせん。まぁ、この人が承認して、金額がいくら以上ならこの人も承認をもらう必要があるといった、分岐を考える(アルゴリズム)時には必要かもしれませんが、理系でなくてもできないことはありません。

IT企業のSEやプログラマも文系が増えている

ぼくが仕事で携わってきたSEで、すごいなー!って、思ったひとの中では、文系出身者や専門学校卒、介護業界やとび職からの転職者もいました。ぼくが感じたのは、みんなコミュニケーション能力は高かったり、どの業界にいても活躍されている人たちだと思います。

ちなみに、人付き合いが苦手だからプログラマになろうとしてもいいことはありません。ぼくが聞いたSE全員は「コミュニケーション能力は大事!」と言っています。

非IT企業の社内SEがプログラミングを覚えると上位1%

ゴール

非IT企業で、プログラミングを覚えると、社内で上位数パーセントの人材です。営業部門でいうとトップセールスマンと同じぐらい特別な人になることができます。

実際ぼくは、プログラミングをできるようになって社内Topクラスの出世スピードで昇職しています。

ポイント

  • 非IT企業でプログラミングを覚えると上位1%になれる。
  • 社内でTopクラスの評価が得られる。
  • システム開発がうまくいくようになる。

非IT企業でプログラミングを覚えると上位1%になれる

非IT企業の中でプログラミングができる人は、100人に1人もいないです。まぁ、非IT企業ですからね。うちには、転職者で元SEは何人かいますが正直使い物になりません…挫折してきているので。

業界のこと、社内のことがわかっていてプログラミングができる人は、社内で上位1%になることができるのです。

社内でTopクラスの評価が得られる

経営層や管理職は、大量のデータを分析するために条件別で表にしたりすると非常に喜ばれます。なぜなら、経営層は自分で分析するためのデータを集約して表にすることができないからです。プログラミングを覚えるとその人には、自分の部署以外の上司からもデータ分析をお願いされたりして、社内の評価があがっていきます。

数学的じゃん!って思った人もいるかもしれませんが、どちらかというと数十万ある取引データから条件に応じてデータを集約し表やグラフにする「見える化」が重要になります。

社内SEがプログラミングを覚えるとシステム開発がうまくいく理由

システム開発するときは、打ち合わせしながら基本設計書(画面イメージや機能が記載されている書類)で仕様が決定し、実際納品されるまで動くところを見ることができません。

でも、自分でプログラミングができればミニマムなその機能と画面だけを作って仮に動かすことができ、イメージを伝えやすくなります。

プログラミングをわかっていると何がSEさんにとって難しいのかがわかるようになり、関係性がよくなり結果的に仕事の質があがり、システム開発がうまくいくようになります。

  • 自分で試作品を作って確認できる
  • SEさんの気持ちに共感することができ、関係性がよくなり仕事の結果につながる

プログラミングは頑張れば200時間ぐらいで見に着きます(実体験)

プログラミングは特殊な能力ではありません。勉強すれば身に付きますが、大切なのは勉強時間を確保して勉強をすすめることです。200時間すれば基礎知識が身につきますので、200時間モチベーションを維持する環境づくりが大切だと思います。ぼくは、Djangoを学び始めた時は、平日2~4時間 休日3~5時間ぐらいしてたら3か月目にはひとつのアプリを作ることが出来ました。それは、コンサル先へ少しでもITによって楽になればという気持ちがモチベーション維持になりました。

✔プログラミング習得への結論

2~3か月で200時間勉強しましょう。

何かアプリを作ることで全体的な基礎が覚えれます。

モチベーション維持する環境が大切。

ただし、教えてもらえる環境や躓いた時に聞ける人がいると時間は短縮することができると思います。

プログラミング習得で挫折してしまう理由

それは、作るものがはっきりしていないからです。プログラミングを学習するとき、これからはプログラミングがよさそうだから覚えよう!という、漠然とした気持ちだと続きません。

プログラミング学習の気持ちの変化

  • プログラミングは将来の自分の武器になる!
  • プログラミングの基礎がわかってきたぞ!あー、こうやってWebに表示されるんだ!
  • 教材に乗っているものは作れるけどそのあと何したらいいのかなぁ。
  • いきなり仕事で使うものなんて怖いし、個人で受注するのも怖いなぁ。
  • 見た目が悪いから、Webデザインを勉強しようかなぁ。

……………………………………………………………………………………

  • モチベーションが維持できず…

ぼくが最初、VBAを勉強し始めたときはこれでしたね。何を作るって決めていないとしんどくてモチベーションが維持できません。

大切なのは、モチベーションを維持するための環境や理由をつくることです。

ぼくは、部活してましたが、自分が好きで入ったけどしんどい時やさぼりたい時に、ちゃんと部活にいくのは所属しているという環境がそうさせるからですね。

プログラミングを習得するにあたっては、取得するためのモチベーション維持が自分にとって何がベストかを考えることが大切です。

ずっと本で勉強していても実力は伸びません

プログラミングを学習するうえでの大切なことをまとめます。

まとめ

文系出身でもプログラミングは習得できますよ

非IT企業でプログラミングができると上位1%に入れる

モチベーションを維持するための環境を整えること

とにかく環境づくりが大切ですね。

文系出身でもプログラミングは習得はできますので、学習を開始しましょう!

最初の数時間は用語もわからず苦労しますが、すぐにわかってくるので大丈夫です。

プログラミングを学習するので最短方法はスクールに行くことだと思います。

AIを学ぶならアイデミープレミアムプラン

どうしてもあまりお金をかけたくない人は、Udemyがオススメです。

-情報システム

© 2021 ごろう@縁紡ぐ