情報システム

社内SE(情報システム)の仕事内容、やりがいと苦労。向いている人向いていない人

社内SE(情報システム)になりたいって思うけど、どんな仕事内容でやりがいとか苦労する点ってなんなの?

そんな疑問にお答えします。

記事の内容

  • 社内SE(情報システム)の仕事内容
  • 社内SE(情報システム)のやりがいと苦労
  • 社内SE(情報システム)の向いている人

違う職業で、しかもシステムエンジニアではなく、社内SE…きっと、パソコンに向かって、プログラミングしてるのかな?って思っている人おおいと思います。

実際はとても業務は多岐にわたります。

筆者の信頼性

  • 社内SEとして10年以上経験
  • 社内SEとしてシステム/ネットワーク/クラウド化etc.
  • 非IT部署から社内SEとしてTOPクラスの出世スピード

社内SE(情報システム)の仕事内容

ちなみに大企業と中小企業の社内SEは仕事内容は異なります。

ぼくは中小企業の社内SEになるので大企業は異なることはお許しください。

社内SE(情報システム)とシステムエンジニアとの違い

社内SEとシステムエンジニアの大きな違いは、システムエンジニアは、発注してくれた会社がお客様ですが、社内SEは社内の人がお客様になります。

システムエンジニアは、システムを設計したりプログラミングしたりすることがメインの仕事になりますが、社内SEはプログラミングやシステムの設計することはほとんどありません。自分たちでシステムを作っている期間は増えますが、やはりそれでも少ないです。

非IT企業の社内SE(情報システム)を目指したい人で、内相手の開発だと楽そうだからと思っているのであれば、職種が違うぐらい違いますのでご注意ください。

社内SEの仕事の現実

プログラミングすることはあまりない

社内SE(情報システム)に求められるスキルとは

では、社内SE(情報システム)に求められるスキルはなんでしょうか。

①論理的思考

当然ですが、システム関連を扱いますのですべて論理的に作られています。様々なトラブルやシステム操作の問合せ対応をおこない新しいトラブルに過去の経験を活かしていくこと、システム開発に携わって構成を考えていくことは、論理的思考が高くなければなりません。

②業務知識・関連法律の知識

業界ごとにあるルールや法律を当然知っていないとシステムを作るとなっても、法律を守るためにここにはこういうチェック機能が必要だとか、判断することができません。当たり前ですけどね。

社内SEになったら、その会社の業界や関連する法律を勉強してください。

③IT関連の最新情報に興味をもつ

ここ数年、ITの発展は本当にすごいです。10年前はクラウド化と言われ始め、いまやサーバーレス(サーバーを購入せず、アマゾンやMicrosoftが巨大なサーバーを用意していてそこを利用する)を目指すことは当たり前になってきています。企業によっては、基幹システムもクラウド化していっています。データセンターなんていう商売で儲けれるのは、短い期間で終わってしまうサービスとなりえます。

数年前から、RPA(パソコンがロボットのように単純作業を自動で行ってくれるソフト)がブームになり、最近はAIを組み入れたOCR(書類の文字を読み取りAIでテキスト化)が流行っています。が、政府のハンコレスや、電子化の方針でAIOCRの息は短いかもしれません。

そして、新型コロナウイルスでリモートワークという新たな課題が出てきました。

常に新たな技術がでてきて、それに興味を持ち自社に適用するメリットがあるかどうかを考えていく必要があります。

新しいIT関連の情報に興味がなければ、世の中から遅れていき競争力を失ってしまいかねません。新たなIT情報に興味を持つことは非常に大切です。

④コミュニケーション能力

非IT企業のメイン業務のひとつは、ヘルプデスク機能です。毎日、社内のひとから様々な問い合わせがきます。

○○システムなんですが、こういった時にはどうやって入力したらいいですか?
マウスが動かないんですけど…
パソコンが起動しないんですけど…パソコンがすごく遅いんですけど…プリントアウトできないんですけど…

こういった日常に丁寧に対応しなければ、いざ基幹システムを入替となった時に、その人たちに知恵を借りたりしたい時に協力を得ることができません。また、システム会社への対応も横柄にしていると決して良い結果になりません。

ぼくは、10数年前、お金はらってるんだから、こっちがお客さんなんだから。って気持ちで、業者さんを結構きつく攻めていました。

そうすると、業者さんからメールの返信が遅くなったり、折り返しの電話がなかなか来なかったりするようになりました。やっぱり仕事は最後は人と人です。コミュニケーションがしっかりとれて、謙虚にいなければ仕事はうまくいきません。

⑤資料作成

ぼくは、10数年資料はわかればいい!と思っていました。

説明すればわかるし、そんなのに時間けても意味がないって思ってました…若いですよねー(笑)

今の自分が当時の自分に言うとしたら、

見てもらえない資料を作ってもその方が無駄な時間だよ。自分の熱い想いを資料にもしっかりこめないと部長や経営層には届かないよ。だから資料にしっかり熱い想いを込めて作りなさい。

って言いますね。

資料作りのスキルは、システム開発の時にも役に立ちます。システム会社は、あなたより業界に関する知識も少ないです。それをわかりやすく伝えることがシステム開発時にはトラブルを少なくします。

資料作りなんてって決して思わず、熱い想いを込めて作れるようになってください。見た目が悪くてもいいんです。とにかく、想いを込めてください。

この5つのスキルが平均以上なければ、あなたが人より活躍することはできません。1点特化では、非IT企業の社内SEとしては使えない人です。

社内SEに求められるスキル

  1. 論理的思考
  2. 業務知識・関連法律の知識
  3. IT関連の最新情報に興味をもつ
  4. コミュニケーション能力
  5. 資料作成

社内SE(情報システム)の日常業務

問合せ対応(システム、パソコン、Excel、Word、メール…)、インフラ管理(パソコン、ネットワーク機器、サーバー、電話、複合機等々)、ライセンス管理、システムのマスタ管理、セキュリティ対策、システム開発や導入に関する仕事など、かなり多岐にわたります。また、ある程度のポジションになると、予算管理や予算取りのための説明等が必要になってきます。

想像していたものと一緒でしたでしょうか?社内SEの現実はこんな感じです。

社内SE(情報システム)のやりがいと苦労すること

では、社内SE(情報システム)としてのやりがいや苦労を紹介したいと思います

ゴール

社内SE(情報システム)のやりがい

問合せをしてきた人は、多かれ少なかれ困っている状態です。それを解決してあげることが仕事なので感謝されることが多いです。これが1番のやりがいです。

システム開発や導入は、本番稼働すると達成感があるように思っているかもしれませんが、稼働後は、問合せ対応やバグがやはり発生し、そんな達成感は味わえません

もし、あなたが社内SEのリーダーであるのであれば、メンバーに達成感を味わえるように努力してみるのはひとついいことだと思います。

先端技術を入れ、経営に直接的に貢献ができる。IT関連の投資額は、どこの企業も年々増加していますが、生産性もあがっています。こういったことに直接関わることができるのは、社内SEとしてやりがいがあるとこです。

辞令

社内SE(情報システム)の苦労すること

ITへの投資額はそれなりに金額がいきますので、社内説明が多かったり、システム開発となると業者さんとお金の話をすることがたくさん増えます

システム会社の場合、営業担当が別にいるから自分ですることはないかもしれませんが、社内SEは自分で業者さんと調整し、社内調整もします。お金の話はどのプロジェクトでも出てきます。ここは、神経も使いますし苦労しますね。

また、システムを使用しているユーザーは、現行のシステムに慣れているから、法律に適用できない、効率的でない、コンプライアンス上問題があるなど様々な原因で、システムを変更することになっても、ユーザーは、情報システムが勝手決めて使いにくいシステムを提供してきたっていう、被害妄想を持つ人が少ないながら(ぼくは情報共有を失敗して、かなりの人数に嫌われました(笑))持つ人が現れ攻撃が直接か間接的にされます。

大規模システムの稼働前から稼働直後はほんとうに大変です。

2日間ほぼ寝ずに働いたこともありますし、残業が100時間超えることもありました。年間でもすごい時間になっていました。

忙しいけど、残業代がたくさん入るので一気に貯金が増えましたが(笑)

社内SE(情報システム)に向いている人、向いていない人

挑戦

社内SE(情報システム)に向いている人

①自己解決力が高いこと(何とかしてあげたいって気持ち)

自分でググって、トラブルに対応し解決する能力が必要です。例えば、プリントアウトできないって時に、どのように解決するために確認することがあり、ひとつひとつ潰していき問題解決に至れるかです。

また、仮説を立てトライし仮説の精度を上げる能力も必要です。

②完璧主義者でないこと前向きで明るいこと

プログラムではないので、100%なんてありません。パソコンのトラブルでも何で治ったのかわからないけど、解決したなんてことは、日常茶飯事です。

完璧主義者だと、システム稼働させたときや自分で作ったシステムがうまくいかなかったときに、心を病んでしまいます。ぼくの周りでも心を病んだ人がいます。80点取ることが大切。あとの20点は、システムエンジニアではないしってぐらいの気持ちが必要です。

完璧主義者は、社内SEとしては不向きです。やめておいた方がいいです。できない理由をならべて稼働できずにいるだけです。そして人のせいにしてしまいます。

社内攻撃、社外との摩擦含めて、前向きに取り組み、どのようにしたら問題解決できるかを考える思考が必要です。

③コミュニケーション能力が高いこと

社内、社外、円滑にコミュニケーションが取れない人は、向いていません。

もくもくとパソコンに向き合っていればいい仕事ではありません。コミュニケーションが苦手だから、社内SEになろうかなって思っている人は、ならないほうがいいです。

コミュニケーションを鍛え方法を紹介していますので、参考にしてみてください

中小企業の社内SE(情報システム)担当者スキルアップキャリアアップで必要な知識

社内SE(情報システム)担当になったけど、これからのキャリアプランのために何を勉強する方がいいんだろう? こんな悩みが解決できる記事です。 社内SE(情報システム)に転職したいけどどんなスキルが必要な ...

続きを見る

④新しい技術が好き

先ほども書きましたが、このITの進歩の速さは、過去にないレベルです。こんな時代に生まれて幸せですよね。

平安時代のひとの一生で得られる情報は、ぼくの1日分の情報量です。こんなに情報をしれて色んなところに行けて、Zoom飲み会ができてこんな楽しいことはありません。

こんな感じで、RPAすげー、AIOCRすげー、ドローンすげー、みたいに新しい技術を知ることが好きで取入れたらどうなるんだろうという人が向いています・

⑤俯瞰でものごとを見て論理的に考えれること

システム開発会社にいたら、あまり同時にいくつもの案件を抱えることは少ないと思いますが、社内SEは別です。

人事システムの改修と、今度新しく入れるシステム、電子契約に対応、リモートワーク導入、予算どりのための説明、日々の問い合わせ、セキュリティ対策研修、このぐらいの仕事が同時に走ります

ここでパニックなるようでは、いけません。俯瞰でものごとを見て、何が大切か、何からするべきか論理的に考えて判断する能力が必要です

俯瞰でものごとを見る力は鍛えることができます。ぼくはマインドマップを使うようになって、ひとつもふたつもステージが上がったと実感しました。

無料で使えるマインドマップを紹介していますので、一度使ってみてください。

社内SE(情報システム)に向いていない人

これは、向いている人の逆です(笑)

先ほど紹介した向いている人の中でこれは必須かなって思うのは、完璧主義でないことです。

社内SEに向いている人5つのスキル

①自己解決力が高いこと(何とかしてあげたいって気持ち)

②完璧主義者でないこと前向きで明るいこと

③コミュニケーション能力が高いこと

④新しい技術が好き

⑤俯瞰でものごとを見て論理的に考えれること

まとめ

社内SEは、やりがいがとてもあります。自分がいいと思ったものを会社に取入れ感謝されることなんかあったら泣くぐらいうれしいです。

特に、非IT企業の社内SE(情報システム)は、他の社員のITリテラシーが高くないことが多いのでとても尊敬もされます。

ただ、非IT企業の社内SEは、内部での異動で対応することが多いので、なかなか募集が少ないです。競争率も5倍以上になったりしますので専門に扱っている転職サイトを利用しましょう。


-情報システム

© 2021 ごろう@縁紡ぐ