投資

S&P500を積立NISAで積立ている理由

積立NISAを活用したいけど何をかえばいいんだろう?

 

そんなあなたの悩みにお答えします。

 

記事の内容

・つみたてNISAは長期投資目的が前提

・S&P500をオススメする理由

・現在のS&P500保有状況

 

筆者の投資経歴

・2020年4月に証券口座開設

・投資に関する勉強

・現在資産1000万突破

 

S&P500ってなに?

S&P500は、26業種233種の企業をさまざまな観点から指数としたのが始まりです。

指数とその時点での様々な条件から選定された、上位500社が選定されます。

さらにバランスも調整されます。

 

まぁ、アメリカの上位500社に丸ごとバランスよく投資するってイメージです。

 

つみたてNISAは長期投資用

つみたてNISAは最大20年間、運用益・分配金について非課税になる制度です。

めっちゃいいんですが、当然制約もあり年間40万円までの購入と上限があります。

 

つみたてNISAでなければ、運用益・分配金については約20%の税金がかかります。

2042年までに購入したものを対象とした特別な制度になっています。

 

老後2000万問題もあり、国が自分で老後資金を貯めるために作った制度で、長期投資するとどんな時代でも経済は右肩上がりになることを前提に作られた制度です。

 

S&P500をオススメする理由

20年前ぐらいまでは、車や電化製品といったハード面が優れていた企業がグローバルな企業として活躍していました。

けど、この20年で世界の情勢はまるっきり変わり、ソフト面を抑えることが世界をまるごと市場として抑えることができるようになり、独占的な企業となっています。

 

有名な話ですが、GAFAM(Google、Apple、FaceBook、Amazon、 MicroSoft)の時価総額は、日本全体の時価総額を超えています

日本でこれからこのような企業で出てくる可能性は低いです。失敗を許さない文化が根強いからです。

アメリカは、チャレンジ精神を大切にしています。また、大企業ばかりになりチャレンジ精神がなくならないように政府も対応策をとっています。

 

また、日本は人口減少時代に入っていきますが、アメリカは人口増加中であり経済は発展していく状況です。

 

S&P500の保有状況

投資をはじめたのは、積立NISAからです。そこから楽天ポイントを使って特定口座で少し買ったりしていました。

アメリカの成長性を感じてからは、100万追加投資してそこからは、積立NISAへの追加だけにしています。

 

 

 

ポイント

  • アメリカの成長の恩恵を受けよう
  • 人口増加は経済が発展する
  • 日本の時価総額をGAFAMで超えている

 

-投資
-

© 2021 ごろう@縁紡ぐ