情報システム

【成功】システム開発を成功させるためのベンダーとの協力

システム開発ってなるとバグだらけやスケジュール延長、費用の増加とかで最悪、裁判になっていやだなぁ

そんなあなたの悩みにお答えします。

記事の内容

・ベンダーがすべての責任があるわけではない

・自分たちの要件をしっかり整理しよう

・熱意が大切

この記事を書いている僕は、情報システム10年以上のベテランです。

会社では、チーム、部署、社内全体への業務改善やシステム開発、導入を数多く行ってきた実績があります。

筆者の信頼性

・大規模システムの開発導入のリーダー経験

・数多くのシステム導入を経験

・システム開発経験もあるので開発側の気持ちがわかる

システム開発がうまくいかないのはベンダーがすべて悪いってことはない

よく、情シスにいるとあのベンダーは、全然よくない。開発力がどうこういったり、担当からは、システム会社が100%悪いようなことでいう人がいます。

これは、間違っています。

ごくまれに、ベンダー100%ってことはありますが…

すべてをベンダーの責任ではない理由

システム開発してうまくいかなかったり、スケジュール通りいかないことがあった時に、すべてをベンダーさんの責任にすることがありますよね。

本当にそうでしょうか?ものごとを共同で作ることなので、一方的な責任が発生することはまれなことです。

仕様の変更はしたことありませんか?すべての要件を順序だてて伝えていましたか?

システムの要件定義をしながら、ベンダーさん側では設計が始まったり作業があります。

例えば、家の1階の間取りを決めた後、2階部分を決めている時に、やっぱりトイレ1階なくして2階だけにしよう。

なんて要件を変えていると思います。

これが、大規模システムだと数百の単位で出てきてしまいます。それが、SEさんの頭の中をぐちゃぐちゃにしてしまうのです。

要件定義は、そういったフェーズなんだ!と決めつけず、ちゃんと順序だてて変更のない仕様を伝える努力が必要です。

分かりやすいドキュメントを作成しましたか?

何も資料を用意せずに、話すだけ…そして、ベンダーが作った議事録や資料の間違いを指摘するだけ…

こんなことしていませんか?

家を建てる時に、今あるピアノをもっていくのでよろしく。

って、伝えた場合、人によっては、グランドピアノをイメージしますし、小さなピアノをイメージする人もいます。

こういったギャップを埋めるために、ドキュメント化し見えるかする努力が必要です。

業務の起点から終点まで流れを間違いなく伝えましたか?

例えば、経理システムでいったら売掛について話をして、次は受注処理について話をして、発注処理…

なんてぶつ切りで要件定義は進みますが、一連の流れが見通せるフロー図は作成しましたか?

商品はすべて仕入れているのか、自社生産なのか、両方なのか…

それが、最終どこにいって在庫を処分するときまでの流で違うところがあったりするのが、流れ図で説明しましたか?

それがなければ、あなたが例え、もれなく伝えていたとしてもベンダーが間違った解釈をしていることもあります。

自分たちの伝える力

これらの問題を解決するために、これは頑張って作りましょう!ってものです。

ポイント

  • 機能一覧
  • 業務フロー図
  • 時間軸や締切などを意識した流れ図

これをしっかり作るだけでも、かなりの労力をかける必要があります。

これに人を投資できないから、システム開発は難しく感じです。必ず、経験者を投入することをオススメします。

最高なのは、第三者にチェックしてもらえると本当にいいものにはなっていくと思います。

そこまで投資できる企業なんてほとんどないと思いますが…

大切なこと

色々、資料とかも書きましたが根柢の大切なことを最後にかきます

ベンダー以上に熱意をもって挑むこと

これです。SEさんにとっては、数あるシステム開発の中の1システムです。掛け持ちしている人もいます。

そんな中、自分たちが作ってもらうシステムに情熱を注いでもらうためには、自分たちがこのシステムに関する思い、大切さ、かける気持ちを伝えてください。

それが、どんな資料でも形として表れてきます。

このお客さんのために頑張ろうと思ってもらうためには、ベンダー以上に、仕事に打ち込めば、この人のために頑張ろうっておもってもらえるものです。

まとめ

  • 伝える努力をする
  • 資料を作成する
  • 熱意をもって挑むこと

 

-情報システム

© 2021 ごろう@縁紡ぐ