情報システム

【基礎知識】テレワークとは?基本基礎を解説します

テレワークって最近よく言われているけど、家で働くってことなのかな?

新型コロナウイルスの影響でテレワークという言葉がとてもよく聞く言葉になりました。改めて、テレワークとは何かを理解し、今後のテレワークを導入、また改善していく基礎知識にお役に立てればと思います。

本記事の内容

  • テレワークとは
  • テレワークのメリットデメリット
  • テレワークの普及率

本記事の信頼性

  • 情報システムでテレワーク導入を中心で行う
  • 情報システムでのテレワーク導入の満足度100%
  • 管理職としてテレワークでの人事労務管理を経験

今回は、テレワークについて解説します。

テレワークってなに?どうなの?

2020年新型コロナウイルスの影響でテレワークが日本にも普及していきました。ただ、テレワーク=自宅勤務 と思っている人も多いのでテレワークについて解説します。

テレワークには3つの働き方がある

テレワークを英語で表すとteleworkになります。
teleは、「遠い」を意味していて、「work」は仕事を意味します。これをくっつけて、テレワークと呼び、オフィスから離れて働くことを意味する造語みたいなものです。

自宅でも外出先でもオフィスから離れて仕事をすることは、すべてテレワークと言います。

ではテレワークにはどんなパータンがあるのか絵でみてみようと思います。

テレワーク図解

テレワークには大きく分けて、家で行う在宅勤務、サテライトオフィスは自社のネットワークがつながる小さなスペースを用意する場合やワーキングスペース、シェアオフィスも含めてサテライトオフィスといいます。モバイルワークは、外出先や新幹線等の移動中に仕事を行うことをいいます。どれも、自社のネットワークに入る手段を用意することで実現させている点が共通です。

テレワークのメリット

では、テレワークを導入するメリットについて確認してみましょう。

ポイント

  • 優秀な社員の早期復帰ができる。
  • 災害時の事業継続ができる。
  • 事務処理のスピードアップ。
  • 住居地に縛られない人材採用ができる。
  • プライベートの時間が増加して従業員満足度がアップする。

優秀な社員の早期に職場復帰

産休育休から仕事復帰をしてくれる女性が増えてきました。今までは、こどもを保育園に入れないと仕事復帰できませんでしたが、在宅勤務ができれば1日2時間からでも復帰することで、早期の職場復帰ができます。実際、ぼくは、優秀な社員を保育園が決まっていませんでしたが在宅勤務で復帰させシステムの選定に参加してもらいました。

また、インフルエンザや病気等で外出はできないけど、家でなら働けるといった場合も早期に職場復帰することができます。

災害時の事業継続問題が解決する

テレワークの環境が整備されていると、もし台風がきて交通機関が止まっても家で仕事することができ事業継続ができます。ネットワークさえつながれば仕事ができるので、事業継続の問題がクリアがされます。

スピードアップ

テレワークを取り入れると、外出先でもメールを返信することができます。レスポンスがいいことは営業活動としてとてもプラスになりますね。

また、アポイントまでの隙間時間で資料作成したり、社内申請を電子にしていると承認手続きもできるようになります。

住居地に縛られない人材採用ができる。

テレワークのみで仕事ができる場合、住んでいる地域は関係なくなります。優秀な人が、田舎の山奥に住んでいても雇用するチャンスがでてきます。また、通勤が週1であれば片道通勤2時間かかる場所でも通勤することが可能になり優秀な人材を採用することができるようになります。

プライベートの時間が増加して従業員満足度がアップする。

通勤時間が片道1時間の場合、在宅勤務すると1日2時間プライベートな時間が増加します。そうすると、プライベートな時間が増えた社員は生活満足度があがり愛社精神が育ちます。実際、育休中の女性をテレワークで早期復帰させたのですが、早く復帰させてくれて会社の状況もわかるし、孤独感がなく助かったと感謝されましたよ。

テレワークのデメリット

テレワークはいいことばかりでありません。

ポイント

  • テレワークの環境整備に費用がかかる。
  • 新たな人事評価を考える必要がある。
  • 人事労務管理の方法を変える必要がある。
  • セキュリティリスクは増加する。

テレワークの環境整備に費用がかかる

テレワークを実現するためには、安全に社外から社内ネットワークに入る必要があります。さまざまな方法がありますが、どんな接続方法であれ多かれ少なかれ費用がかかるのがデメリットになります。

新たな人事評価を考える必要がある

一つの場所に集まって仕事をしていた時は、人への対応やコミュニケーション、仕事の成果以外でもチームワークを高めてくれていると評価するできていたと思います。テレワークになるとコミュニケーション方法が対面から、チャットやWeb会議、電話になるので事務部門は特に、何を今日してくれたのかが本当に見えずらくなります。今までとは違う観点で人事評価を見直す必要がでてきます。経験上、対面で仕事で来ている人は、テレワークでも仕事ができますし、そうでない人はやっぱりそうです。

人事労務管理の方法を変える必要がある。

これは非常に重要です。テレワークをはじめるとサボっているんじゃないかという不安がマネジメント者にはでてくると思います。確かにそちらも問題なんですが、怖いのそちらではありません働き過ぎてしまうことが1番怖いです。例えば、一人暮らしで誰とも会わず朝の9時から夜の10時まで働いていたとしたらどうなるでしょう。すぐにメンタルが崩壊してしまいます。対面での仕事をしていたら表情やあくびの数、言動である程度無理をしているかどうかわかることができますが、テレワークになると働き過ぎていないかをよくチェックすることが必要になります。

最近はテレワーク用のツールがあります。

テレワークの監視・録画・記録ツール【レックテレワーク】

セキュリティリスクは増加する。

会社ないであれば、自分の会社以外の人がいない状態で仕事をしてるので、トイレに行くときにパソコンを表示させたまま席を離れて問題になる可能性は低いけど、テレワークでカフェで仕事をしている時に、トイレに立った時に隣のひとに会社の機密情報を盗み見される可能性がでてきます。今までと違う環境になればあたりまえなんですが。リスクは増加するので教育やシステムでカバーしていく必要があります。

テレワークってどのくらいしてるの?普及率は?

テレワークが進んでいる国ひとつがアメリカです。米国は85%の企業が導入しています。土地の広さもありますが、多民族国家のため人それぞれの当たり前が全然違うから、目標管理と評価管理制度がしっかり出来上がっていることや、労働時間制ではなく成果主義のため導入しても問題が起きにくいという要因があります。

日本では約20%の企業がテレワークを導入

2020年5月に総務省が発表した日本のテレワーク導入率は20%です。正直低いと思いませんか?日本全体の労働生産性が下がっていることがよくわかる結果だと思います。変化に弱すぎますね…

すでに導入している企業のうち導入目的を確認しましょう。

出典:総務省「TeleworkNet」

最近は、大手企業が通勤費、オフィスコストの削減を目的にテレワークを大幅導入していっています。

テレワークの基本まとめ

テレワークは、まだまだ日本にとっては新しい働き方ですが総務省が中心に推進していますので、今後広まっていくなかで、メリットもたくさんありますが、同時に今までなかったデメリットをどのように対応していくかが企業としては大切になります。

-情報システム

© 2021 ごろう@縁紡ぐ