情報システム

【仕事効率確実UP】ブラインドタッチを覚えて仕事を効率化しよう!

仕事をもっと効率化したいけど何したらいいんだろう❓

そんなあなたの悩みにお答えします。

記事の内容

・1日にどのくらいタイピングしているか考え見る方がいい

・ブラインドタッチを練習するためのサイト

・ブラインドタッチができるようになったらできること

この記事を書いている僕は、情報システム10年以上のベテランです。

会社では、チーム、部署、社内全体への業務改善を数多く行ってきた実績があります。

筆者の信頼性

・パソコン初心者からパソコンを管理する側まで成長

・社内でトップレベルの出世スピード

・仕事の効率化を数々おこなう

1日にどのくらいタイピングしているか考え見る方がいい

メールや、資料作成でどのくらい入力していますか?

タイピング量は、職種によって全然変わります。

マジで、タイピングスキルは、現代社会の最低限のスキルですよね…

ブラインドタッチができない人は、ひとつのメールを作成するのに、2倍以上の時間をかけます。

最近は、チャットでのコミュニケーションが増えていますが、それだけであっぷあっぷなっちゃてしまうんですよね…

最低限の能力として、タイピングの練習はしておきましょう

ブラインドタッチを練習するためのサイト

自分自身もいまだに、ブラインドタッチの練習をしていますが、これから紹介する2つのサイトで練習しています。

速く入力するより、正確に入力する意識をしながらやる方が、結果的に早く入力が終わると思います。

寿司打

これは、タイピング練習したことある人ならとても有名なサイトです。

画像は、著作権もあるのでリンクだけしておきます。

http://typingx0.net/sushida/

e-typing

こちらは、登録することでカルテを見ると自分の成長の記録を確認することができます。

ぼくは、270点ぐらいが最高得点ですが、プログラマーを目指すなら300点がとれるまで練習するといいです。

https://www.e-typing.ne.jp/

ブラインドタッチができるようになったらできること

ブラインドタッチができるようになると、タイピングミスをすぐに気づくことができます。

タイピングが自然にできるようになると、文章を考えることに集中できるので、すべての効率がアップします。

みんな、タイピングが速くなったら、入力が速くなるだけと思いがちですが、相乗効果でいろんなことが改善されます。

まとめ

まとめ

タイピングを覚えると、入力スピード以外にも効果がある

最低限のスキルだから、とっとと覚えよう

 

-情報システム

© 2021 ごろう@縁紡ぐ