Django

Vue.js を覚える!

最近は、Webシステムも高度化してきています。

調べると、JavaScriptが一度は、沈みかけた言語だったのに、フロントエンド技術として必須言語になっています。

知り合いのSEさんに聞くと、JavaScriptはしばらく必須言語だとのこと。

ユーザービリティがよくないとシステムの評価は上がらない

ユーザーにとって大切なのは、操作性と自分たちの課題が解決されることです。

それを実現するための方法として、JavaScriptのフレームワークが誕生してきました。

少し前までは、jQueryが有名でしたが、今は、Reactがいちばんよく使われているのではないでしょうか。

ただ、学習コストが結構かかります。

React:https://ja.reactjs.org/

学習コストが低いJavaScriptのフレームワークがVue.jsです。

vuejs :https://jp.vuejs.org/index.html

色んな技術が出てくるもんですねー!どちらでもいいので、覚えると更新前の確認画面をポップアップで出したりできるようになります。

最近、おおいドラッグ&ドロップでの更新なんていうのもできるようになるらしいです。

プログラミング初心者が、ひとつの技術を習得していくのは、メンターがいないと大変です💦

だからこそ、学んだことをアウトプットすることで少しでも、記憶の定着を図っていきたいと思います。

Djagoとの相性

CDNで部分的に導入する時には、相性がいいです。

Djangoは、API対応するための Restframe が用意されているので実装するのに難易度がないとは言えませんが、比較的導入しやすいと思います。

今後、バックエンドとしての役割は、データの作成や複雑な計算処理になると思う。

vue.jsを勉強しながらアウトプットして実力をつけていきたい

Vue,jsを勉強し始めて少し経ったけど、全然身についてきている感じはない。

インプットしてもアウトプットするところがないと、実力が付きにくいので少しづつVue.jsについて紹介していきたいと思います。

-Django

© 2021 ごろう@縁紡ぐ